🦢換羽観察レポ(10)

早朝、いつもの場所に行くと、

5羽の滞在組のハクチョウさんたちは、

集まって来てくれました。

ところで、

コハクチョウさんのティちゃんですが、

新しい羽軸はまだ伸びてきていませんが、

黒く地肌の部位からは、

新しい羽毛が生えてきています。

換羽5日目のアドちゃん

骨折している黒い地肌の部位から、

数10本以上の新しい羽軸が伸びてきています。

ただ、曲がっているので、

伸びたと同時に、2本の羽軸が割れてしまい、

赤い血のかたまりが露出しています。

これが、

アドちゃんの出血の原因のひとつかもしれません。

(羽軸が割れて血のかたまりが露出しているアドちゃん🦢)

(黒い地肌から新しい羽軸が伸びてきているアドちゃん🦢)

換羽21日目のチンさん

羽弁も広がり、

完全な風切羽になりつつあります。

ただ、水で擦れてしまう風切羽は、

途中で羽弁は、これ以上広がらないようです。

(水に擦れてこれ以上広がらないチンさんの羽弁🦢)

(チンさん🦢)

換羽27日目のミルクちゃん

もう、

完全に風切羽の羽弁が広がっているようでした。

(ミルクちゃん🦢)

2 Replies to “🦢換羽観察レポ(10)”

  1. 水に擦れてしまうことなんて、あるんですね!
    初めて知りました。
    いろいろか環境・行動条件が重なって羽の生えかわり方も変わるのですね。

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      ケガの後遺症で、羽が曲がってしまって、
      それが水面に、常時擦れてしまうと、
      どうしても、羽弁がボロボロになって、
      棒状の羽軸のみになってしまうようですね!🦆

      特に、チンさん、アドちゃんには見られます!🦢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。