🦢何とかしてあげたい

今朝。

いつもの定点ポイントには、

4羽の滞在組のハクチョウさんたちが待っていました。

ただ、コハクチョウさんのティちゃんは、

たった独りで別行動をしていました。

突っつかれていたと地域のヒトの話もあり、

それで、距離を置いているようです。

そして、行くと、

昨日のこともあったので、

近づかず対岸を離れて上流へと泳いで行きました。

やはり、頸椎に怪我を負っているのか、

曲がってしまっています。

また、不安げにこちらを見ていました。

それから、浅瀬を歩くのですが、

右足に捻挫、打撲、骨折かわかりませんが損傷をしているのか、

立ち上がったりするときには、

よろめきます。

その時に、羽を地面につけるので、

どうしても羽が汚れてしまい黒くなってしまいます。

でも、生きよう!生き続けよう!

という気概がティちゃんの不自由な足を、

前へ前へと進めているようです。

そんな姿を見て、地元の方も、

「保護して病院に連れて行った方がいい。

もし、自分のペットや家族ならば助けたいと思うのが人情だよ!」

との想いが一致してティちゃんに近づいて行ったのですが、

渾身の力を込めて、川へと逃げられました。

元気だった姿を知っているので、

こんな姿になってしまったティちゃんを見ていると、

いつもduck4の心は揺れてしまいます。

ただ、ティちゃんは、

何が何でも生き続けよう。

という強い意志を持ち続けているのが、

すべての救いです。

(不安げに見つめるティちゃん🦢)

(怪我で首が曲がつているティちゃん🦢)

(羽をついて立ち上がろうとするティちゃん🦢)

(生きるために歩き続けるティちゃん🦢)

(立ち上がろうとしてよろめくティちゃん🦢)

4 Replies to “🦢何とかしてあげたい”

  1. ティちゃんの具合の原因が少しでもわかれば、なんとか考えられることもあるかもしれませんね。一番怖いのは、バランスが採れなくなって溺れてしまうことも。せめて、陸で補食し、体力を温存することはできないでしょうか。
    それが可能になれば、ドラッグストアのお米コーナーに目薬ほどの大きさの箱で、ビタミン米というものがあります。ほんの少量をお米に混ぜますが、弱った体にはかなり効果があったように思います。
    補食が可能であれば、まず私なら自分ができることとして、試すと思います。
    あと、陸にいるようになったら、捕獲のタイミングと考えます。

    duck4さんのおっしゃることが痛いほどわかります。ただ、もし、言葉のわからない子供が大ケガをしていたら、治療しますか?と考えます。
    治療の過程で、子どもにはトラウマになるかもしれない。場合によっては、治療のほうが辛いかもしれない。助からなかったら、その治療が適切だったか悩むかもしれない。

    野鳥も治療はただただ怖いと思います。
    しかし、人間には治療を受ける権利が当然のようにあるのに、野鳥にはそれがない、というのが私には割りきれません。

    見守りに定義はありません。
    しかし、duck4さんが、考えて、ティちゃんのためにと考えていることが、ティちゃんに生きる選択肢を与えていることだと、思っていただきたいです。

    命に答えがないのは、ヒトも野鳥も同じです。何がよいか考えるのは重要。何もできないことはありません。げんにduck4さんは、ティちゃんを一人にはしていません。

    必ず何かきっかけはあります。
    もっと弱るようでしたら振興事務所と連絡を密にし、助けられると信じてください。

    ティちゃん、duck4さん、がんばれ。

    お返事は不要です。

    1. ういさんへ

      おはようございます!
      コメントとても助かりました!

      みやぎ野生動物保護センターの獣医さんにお尋ねしたところ、
      「ティちゃんの首の治療は難しいとのことでした」

      捕獲も失敗したので、
      見守ることが今、最善の方法ではないかと思っております。

      アドちゃん、メイちゃんが食べているところに、
      ティちゃんも来て、おコメを食べていました。

      食欲があって少し安心しました!

      川に浮くものの方が良いのではないかと思いました!

      しかし打撲、捻挫の影響で歩くのが大変でふらついたり、
      よろめいて転ぶことがあります!

      水中に首を突っ込んで何か食べているようにも見えますが、
      草なんかを食べていれば良いのですが!🦆

  2. ティちゃんに何が起きたのでしょうか。
    ティちゃんも辛いし、見ているduck4さんも辛いですね。
    捕獲が出来ずお困りのご様子。
    もともと警戒心が強いところに大怪我なので、さらに警戒するのですね。
    何かの拍子に捕獲できる事を願っています。
    まだ暑い日が続いています。
    duck4さんもご無理されないように。

    お忙しい中のご返信はされなくて良いですよ。
    duck4さんと七北田川の皆様のお気持ちがティちゃんに届きます様に!

    1. パッサーさんへ

      おはようございます!

      唯一のコハクチョウのティちゃんなので、
      どうしても警戒心もつよくなってしまっています!

      もともとはおとなしい仔でしたが、
      オオハクチョウの滞在組の中で生きていくのには、
      強くなることが宿命で、それもこの怪我に影響を受けたのかもしれません。

      今は、見守り、ティちゃんの
      自然治癒を祈る限りです!🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。