🦢五体不満足でも内臓が強ければ

今朝のティちゃんは、

川から離れた潮が引いた浅瀬で独りぼっちでいました。

遠くから見ていましたが、

そこからは全く動こうとはしませんでした。

立っているのですが、

歩くと、ふらつき転びそうになると、

羽をついていました。

そばには、草も自生しているので、

それを食べようとしていたのかもしれません。

大ケガしてから、

藻か微生物を食べようとクチバシを水中につける姿も

見ました。

知らないところで、

何か食べていることを願っています。

ところで、

また、獣医さんにティちゃんのことで、

電話しました。

そのときに言われたことは、

「右足のケガを治すのは難しいこと!」

「ただ、ハクチョウさんたちは、

体温がヒトよりも高いので、

自然治癒が期待できるかも!」

「河川敷だったら、芦原もあるので、ハクチョウさんたちは、

根っこや芽なんかを食べているはずなので、

自然の餌でも食べられるのでは!」

とおしゃっていました。

また、地元の方もこんなことをおしゃっていました。

「大けがをしても、ティちゃんは、ここで4年も生きて来れられたので、

内臓も強いはず。五体不満足になっても生きているヒトはいるので、

ティちゃんは、まだまだ大丈夫!」

という言葉に、

duck4も希望を感じるようになりました。

(今朝のティちゃん🦢)

他の仔たちは、

ミルクちゃん、チンさん、アドちゃんは、

一緒でした。

ただ、アドちゃんは、

ミルクちゃんに攻撃され、

たくさんの羽毛をとられてしまいました。

メイちゃんは、4羽から離れて、

いつもの定点ポイントにいました。

(独りで待っていたメイちゃん🦢)

2 Replies to “🦢五体不満足でも内臓が強ければ”

  1. ちょっと、ファミリーさん、バラバラになってしまいましたね。いきなりの政権交代はきつかったのかな?
    ミルクちゃんが悪いわけではないですが、引き継ぎがなかったですしね😁

    ずいぶん暗い中、見守りにいったんですね。
    わかばちゃんも、高圧線に引っ掻けた関係で、かなり脚が悪いです。
    短距離でも歩いていると心配になりますが、不自由な脚でも、かなりの距離を歩きます。
    ティちゃんも痛みがなければ、きっと慣れますね。
    あとは、滞在組に思いやりがあればいいなあと思いますよね。

    1. ういさんへ

      おはようございます!

      ハクチョウさんたちは、基本、家族単位なので、群れをリーダーとして掌握するのは、難しいのでしょうね!
      そして、思いやりですよね!

      わかばちゃんも足が不自由なのですね!
      でも、歩くということは、ハクチョウさんたちの生命力の強さを感じさせられますよね!

      ティちゃんは、泳ぐのは問題ないようです!
      立っている時にバランスを崩し、羽をついてしまうので、
      ボロボロになっていますが、歩くことは可能ですね!🦢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。