🦢旅立ったティちゃん

今日9月11日は悲しいお知らせがあります。

ティちゃんは、旅立ちました。

地元のヒトの話によると、

「10日夕方6時ごろ。土手に上がって草を食べていたところを見たよ!」

というのが最後の元気なティちゃんの姿でした。

翌11日。

変わり果てた姿で、ティちゃんは、

川と土手の境目で横たわっていました。

首をやられていたので、

どうやら、

キツネかテンにやられてしまったようです。

あの足が不自由な中、

2週間も頑張っていたティちゃん。

食欲もあり、もっと、もっと、

おいしいものを食べさせてあげたかったです。

ただ、昨日は姿を見せず、

他の下流を探していたのですが、

見つけられませんでした。

近くの小さな橋付近、

それも500メートル上流にいたとは。

もっと丁寧に探してあげられていたらと

悔やんでいます。

心からお悔やみ申し上げます。

4年4か月一緒だったティちゃんへ。

(9日朝。最後に撮影したティちゃんの後ろ姿🦢)

6 Replies to “🦢旅立ったティちゃん”

  1. なんとことばをかけてよいのかわかりません。
    涙がとまりません。
    もう一度かわいいティちゃんに会いたかった。
    それはきっと地元の方やduck4さんも同じであったことでしょう。
    きっと見るのも辛い姿でいたでしょうが、最後にみつけてあげて、時間が経てばこの点に関しては、よかったと思えるのではないでしょうか。
    また、ひとつお願いがあります。
    あのとき保護していれば、と考えないでください。
    保護すれば今より長生きできたかもしれませんが、ティちゃんが選んだ道でもあります。
    最後に思いっきり食べたduck4さんお手製の蒸しパンや地元の方があげたお米の味を、ティちゃんは忘れないと思います。

    ご冥福をお祈りします。

    1. 白鳥さんへの溢れんばかりの愛情を感じるduck4さんのブログをいつも楽しみに拝読させて頂いておりました。

      今日一日を、今この一瞬を一生懸命生きることの大切さをティちゃんから教えてもらいました。

      この二週間のティちゃんの頑張りは忘れません。

      ティちゃんありがとう、どうぞ安らかに。合掌

      1. ハスパラさんへ

        こんにちは!
        コメントありがとうございます!

        この2週間。
        足が不自由になり、バランスを取るために首を曲げて泳ぐ姿に、
        生き抜こうという気迫を感じていました!🦢

        ティちゃんは、食欲もあったので、
        もう少しすると自然治癒も望めるのではないかと思っていた矢先、
        こんな結果になり残念でなりません!

        あらためて、傷病ハクチョウさんの保護活動の難しさを考えさせられました!🦆

    2. ういさんへ

      こんにちは!

      このような形でお別れるになるとは、最初、知ったときには、考えられませんでした!
      でも、お話を聞いていると、前日の夕方まで、食べているところを目撃されていたので、
      ティちゃんは、体が不自由になっても何とは生き抜こうと思っていたのでしょうね!

      最後の言葉が、数日前にティちゃんから話しかけられた
      「フシュ―!フシュ―!」と低音で鳴く声でした!

      あれは、duck4に何か伝えたかったのでしょうね!🦢

  2. 食欲があり回復していく。と思っていた矢先で残念です。
    怪我をした野生動物は生き延びるだけでも奇跡なのですね。
    duck4さんに、パンやお米、葛の葉をもらいティちゃんはほっとしていたと思います。
    また滞在組さんを見送る事になったduck4さん、どうぞお気を落とされません様に。

    1. パッサーさんへ

      こんにちは!

      食欲もあったので、冬まで何とかと思っていたのですが、
      こういう形で、ティちゃんが旅立ってしまいとても残念でなりません!
      最後まで、食べ続けていたとのことなので、
      ティちゃんは、絶対、生きたかったのでしょうね!🦢

      傷病ハクチョウさんの保護の在り方の難しさを実感させられました!🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。