🦆2021年の抱負

スポンサーリンク
🦆Duck4
Duck4
Duck4

2021年の抱負をお持ちですか?

今日のDuck4ブログは、今年の抱負についてまとめてみました。

はじめに

皆さんは、2021年の抱負をお持ちですか?今日のDuck4ブログでは、この2021年の抱負について投稿していきます。さて、昨年11月より「ヒュッゲなハクチョウさんプロジェクトX」というブログをワードプレスで立ち上げたDuck4。2か月が過ぎ、いろいろ記事のことで悩み考えながら3か月目に突入。そのため、そろそろブログの方向性も決めていこうと思っていました。今日のDuck4ブログでは、今年一年の方向性のブログになります。

「ヒュッゲなハクチョウさんプロジェクトX」のブログ

超特化ブログ

最初はグーグルアドセンスに合格するために、対策ブログを投稿していました。しかし、合格してから、やはり、今まで8年間、傷病ハクチョウさんの見守り保護活動。この4年ほどは、フィールド調査をしてきたことを日本白鳥の会で発表したり会報誌に論文を投稿してきたので、この一年は、少なくてもハクチョウさんに関する超特化ブログにしよう決めたところです。

「越冬数調査」

昨年からの継続になるのですが、定点ポイントで「越冬数の調査」を行ってきました。越冬数の調査」は、月を上旬、中旬、下旬にわけてその平均で、ハクチョウさんの越冬数をまとめてきました。その調査結果を今シーズンの渡りのハクチョウさんの越冬が終わったのちに、まとめ記事にしようと思っています。

「日中、ハクチョウさんたの居残率調査」

これも、昨年からの継続になりますが、「日中、ハクチョウさんたの居残率調査」を行ってきました。週2回。土日、祝日に、早朝の越冬数と午前中の塒に居残っているハクチョウさん数の割合を調査しています。その調査から、給餌、餌付けの影響がどのくらいあるのか?また、天気の影響はあるのか?「日中、ハクチョウさんたの居残率調査」の結果報告のまとめ記事を考えています。

傷病ハクチョウさんの見守り・保護活動

この8年。Duck4は、傷病ハクチョウさんの見守り保護活動をしています。現在5羽のオオハクチョウさん。ミルクちゃん、チンさん、アドちゃん、メイちゃん、ノンちゃんがその対象になっています。その5羽のハクチョウさんたちの日々の様子を事例としてブログに紹介することになります。

英国のスワンサポートのツイート記事

これまでDuck4ブログでは、2度。英国のハクチョウさんの保護団体のスワンサポートのツイートしてブログで紹介してきました。日本同様、英国でも野生のハクチョウさんたちがあらゆるトラブルに巻き込まれています。それを紹介することで、1羽でも多くのハクチョウさんたちが助けられる命を助けられる手助けになればと思っております。

まとめ

2021年。Duck4ブログでは、ハクチョウさんのことを中心にブログを進めていきます。まず春までになりますが、今シーズンの「越冬数」「居残り率」の結果をまとめていければと思っています。傷病ハクチョウさんの見守り、保護活動をして気づいたことを、個々の事例としてまとめていくつもりです。保護活動が進んでいる先進事例としての、英国のスワンサポートの活動を紹介することで、今後のあるべきハクチョウさんの保護活動について提唱していきたいとも思っております。

Duck4
Duck4

「越冬数調査」

「日中の居残り率」

「傷病ハクチョウさんの事例検証」

「英国のスワンサーポートの活動」

この4つのテーマでまとめ記事が書くことが、今年のDuck4ブログの抱負です。

コメント

  1. うい より:

    沢山の方がハクチョウさんや渡り鳥の保護について考えたいけど、資料がない!と思っていると思います。
    そんな中、何か参考になるものがあったら。私にはそれがduck4さんのブログでした。
    きっと沢山の方々興味をもたれると思います。
    頑張ってくださいね!
    くれぐれも、ご無理はなさらず💫

    • Duck4duck4 より:

      ういさんへ

      そう言っていただけるとありがたいです!
      ハクチョウさんの渡りのルートなどの研究は進んでいるようですね!

      ただ、傷病ハクチョウさんの保護活動に関することは、
      これから事例を積み上げてまとめていく必要があると思っております!
      そう思うのも、滞在組のハクチョウさんたちが身近にいるからでしょうね!

      そのため、英国の先駆的なハクチョウさんの保護活動を行っている
      スワンサポートを取り上げていきたいと思っております!
      今年もよろしくお願いいたします!🦆

タイトルとURLをコピーしました