🎒【最大のデメリット】背中が蒸れるバックパック!

スポンサーリンク
🎒Backpack
Duck4
Duck4

バックパックのデメリットは、背中が蒸れることですが、

今日のDuck4ブログでは、その対策を考えてみます。

はじめに

バックパックを背負っているときの「最大のデメリット」は何だと思いますか?

それは、汗で背中が蒸れてしまうこと。

冬。河川敷のフィールドは底冷えもして寒かったので、背中が蒸れてしまうこともほとんどなかったです。

しかし、サクラが咲き、これから気温がどんどん上昇すると、バックパックを背負っていると、どうしても蒸れてきてしまいます。背中がびっしょりと濡れてしまいます。

バックパックを背負っていて「背中の蒸れ」を軽減する方法とその「3つの対策」を考えるのが、今日のDuck4のブログです。

背中の蒸れを軽減する方法

2つのバックパックを一緒に背負って防寒対策

バックパックを背負っていて背中が蒸れるという経験をしたことがあると思います。ハクチョウさんの見守り、保護活動。フィールド調査中に、背負っていて背中が蒸れてしまうことがよくあります。冬の間は、寒かったので、2つのバックパックに荷物をわけ背中と前で背負っていました。防寒対策になっていたので、暖かくて快適でした。

しかし、サクラが咲き、これからどんどん暖かくなり、蒸し暑くなり、暑くなる夏。この時には、バックパックを背負っていると、背中がびっしょに汗で濡れてしまうでしょう。

【対策1】バックパックのショルダーストラップを長めに調整して背負う

対策1は、バックパックのショルダーストラップ(肩ひも)を長めに調節。バックパック本体が腰の位置にくるように背負う背負い方です。

この背負い方をすると、バックパックと背中に三角上に隙間が生じます。心持ちですが、背中に風が入り込みます。

ただ、この背負い方は、体には良くありません。問題です。ショルダーストラップ(肩ひも)を長くすることで、「肩」「腰」にバックパックの重さがかかり、腰を痛める原因にもなります。

【対策2】背中にタオルを入れてバックパックを背負う

対策2は、大きなバックパックを背負わないことです。どうしても、大きなバックパックは、背面パットも広く背中に密着する面積も広くなるので、どうしても背中全体が濡れてしまうからです。

そのため、蒸れを少しでも防ぐためには、背中とバックパックの間にタオルを入れて汗を抑えます。

【対策3】背面パットがメッシュタイプのバックパックを背負う

対策3は、背面パットが「メッシュタイプ」のバックパックを背負うことです。これは、かなり有効的な背中の蒸れを防ぐ対策になります。

ところで、この背面パットが「メッシュタイプ」のバックパックとは、網目のような構造になって隙間があります。なので、背中全体が、背面パットに完全に密着することなく背負うことができます。風も入るので、背中の蒸れを抑えられるのです。

暑い時季には、かなり適したバックパックです。

ただ、欠点も一つあげると、メッシュの背面パットとバックパック本体には隙間もあるので風が通るのですが、ただし本体がエビぞりに曲がっているので、荷物を詰めるときには苦労します。

まとめ

これからだんだん気温が上がってくると、長時間、バックパックを背負って歩くと背中の蒸れが気になります。

ずっと以前ですが、Duck4も、ジャックウルフスキンというアウトドアのメーカーの背面パットがメッシュタイプのバックパックを背負っていたことがありました。

この背面パットがメッシュタイプだったので、本体の間にも隙間もあり、背中が蒸すことは少なかったです。

ただ経験上、バックパック本体がエビぞりに曲がっているので、パッキングにはコツが必要でした。

背面パットが「メッシュタイプ」は、バックパック本体に隙間があるので、蒸れ対策になります。

コメント

  1. うい より:

    ムレに関しては.荷物が軽い時は片方の肩に掛けます。これって意味ないんですよねぇ💦
    バックパックは、やはり夏はきついですよね。腰に支えのあるタイプを買って、今までは試行錯誤していましたね。

    • Duck4Duck4 より:

      ういさんへ

      こんにちは!

      蒸れるときには片方の方だけもありですよね!
      夏は汗びっしょりになるので、背面パットがメッシュタイプのバックパック!
      本体と背面パットに空間があるものがおすすめですね!🎒

タイトルとURLをコピーしました