🦆🥔種芋を買って【ジャガイモ】袋栽培!

スポンサーリンク
🦆Duck4
Duck4
Duck4

今まで食用用の種芋を使ってジャガイモ栽培を失敗していました。今日のDuck4ブログでは、ジャガイモ【袋栽培】のお話をします。

はじめに

今まで、ジャガイモ栽培をしたことがあるDuck4。しかし、何度かトライしたもののいつも失敗。茎や葉っぱは青々と育つものの、肝心のジャガイモが実りませんでした。

その実らない理由に、「種芋に問題!」ということを知りました。今までのDuck4のジャガイモ栽培は、市販で売られているジャガイモをそのまま放置。暖かくなり芽が伸びてきて食べられないジャガイを種芋として使っていました。その食用用のジャガイモは、発芽抑制効果がされていて、茎や葉っぱが伸びても、実ならないことがわかりました。

今日のDuck4ブログでは、袋でつくるジャガイモ栽培のお話をします。

袋でつくるジャガイモ栽培

大きな敷地でないところでも栽培できる方法を考えていたDuck4。その答えが、「袋に土を入れてジャガイモ栽培する方法」でした。

この袋栽培だと、同じ土で毎年作ると、ジャガイモが実らなくなる輪作障害が起こる可能性もあります。そこで、古い土を再生するために、苦土石灰で中和させてから、牛糞を約20%ほど混ぜて土づくりをしました。

そして、ジャガイモの根っこが土深く伸びても大丈夫なように、深さ30センチになるような20リットルの袋を用意。土がいっぱい入った20リットルの袋で、Duck4は栽培することにしたのです。

Duck4
Duck4

連作障害が起こらない土づくりが大切。

苦土石灰を混ぜ2週間ほど放置。そのあと牛糞を混ぜて土づくりをしました。

種芋をホームセンターで買う

食用用のジャガイモでは実らなかった苦い経験があったDuck4。そこで3月ごろに、ホームセンターで売られていた男爵のジャガイモ1キロを約400円以下で購入。その種芋を半分に切って4月中旬~下旬にかけて栽培を始めした。

Duck4
Duck4

ホームセンターで1キロ約400円で種芋が売られていたよ!

ジャガイモの生育状態

5月中旬現在の生育状態は、若干のばらつきが見られます。植え付けるのに9日ほどのタイムラグがあったことも関係しているかと思います。また、4月下旬に霜が降りるほどの寒い日が続いてことで、12袋でジャガイモの栽培を始めましたが、10袋が発芽。しかし2袋はまだ発芽していません。

背丈が10センチ近く伸びてきているのがあるので、そろそろ「芽欠き」と言って、数本ある種芋から伸びてきている芽の一部を根っこから抜くことで、栄養を根っこにいきわたるようにする作業が必要になるのです。

また、根っこが横から伸びてきても良いように「土寄せ」をする必要もあります。

Duck4
Duck4

12袋中、10袋からジャガイモが発芽したよ!

まとめ

ジャガイモは、梅雨に入ると茎や葉っぱが枯れてきます。それは、湿気に弱いからだそうです。そして枯れてくる7月ごろになるとしジャガイモの収穫時期を迎えます。

Duck4のジャガイモ袋栽培で心配もあります。それは、輪作障害です。土を入れ替えたので、大丈夫だと思いますが、袋栽培なのでどうなるかは収穫ができる7月までわかりません。

今年こそ、収穫できたジャガイモでカレーライスや肉じゃがの料理をしたいものです。

Duck4
Duck4

芽が10センチほど伸びてきたら「芽欠き」。

「土寄せ」の作業も必要になるよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました