🦢Duck4ブログでよく紹介するスワンスワンサポートってどんな団体!?

スポンサーリンク
🐤Swan Support(U.K.)
Duck4
Duck4

今日のDuck4ブログでは、24時間365日。傷病ハクチョウさんの救護、治療、お世話をしているイギリスにある慈善団体のスワンサポートのお話をします。

はじめに

Duck4が紹介しているスワンサンポート(Swan Supprt)は、ケガや病気になったハクチョウさんたちの救護にあたる救急車を持っています。そして、ケガや病気になったハクチョウさんの救護のために、24時間365日待機しているのはスワンサンポートの強み。日本では考えられない充実ぶりです。

このスワンサポートですが、ハクチョウさんの救出とリハビリテーションに30年の経験がある団体でもあります。それもイギリスにおいてチャリティが社会に根付いているからこそ、24時間365日の対応ができるのかもしれません。

今日のDuck4ブログでは、ロンドン近郊の地域。テムズバレーとその周辺で活動している慈善登録番号1163624。スワンサポート業務内容についてお話いたします。

(スワンサポート写真より)

スワンサポートの活動内容

スワンサポートの活動内容は、大きく分けて4つ。病気やケガしたハクチョウさんの「救護」「治療」「お世話」「啓蒙活動」になります。その詳しいスワンサポートの活動内容については、下記で和訳したものと原文を投稿しておきます。

わたしたち、テムズバレーとその周辺地域で、病気やケガをしているハクチョウさんの救護。治療、お世話をするハクチョウさんのリハビリセンターの役割を担っています。また、ヒトの不注意な行動により、ハクチョウさんやその他の水鳥たちに及ぼす悪影響について、一般のヒトたちに教育することにも、情熱を注いでいます、私たちスワンサポートは、24時間年中無休で待機。ハクチョウさんの救出とリハビリテーションで30年の経験を有しています。

Swan Support Facebookより

We are a swan rehabilitation centre rescuing, treating and caring for sick and injured swans within the Thames Valley and surrounding areas. We are also passionate about educating the public with regards to the detrimental effect human behaviour and carelessness can have on swans and other water birds. We are on call 24 hours a day, 7 days a week, and have 30 years of experience in the rescue and rehabilitation of swans.

Swan Support Facebookより(原文)

負傷したハクチョウさんを見たり、ハクチョウさんについて懸念がある場合は、07968 868172 または 01628 876336info@swansupport.org.ukまでお電話ください。登録慈善団体番号1163624です。

Swan Support Facebookより

If you see an injured swan or have any concerns about a swan please call 07968 868172 or 01628 876336 info@swansupport.org.ukRegistered Charity No 1163624 

Swan Support Facebookより(原文)
Duck4
Duck4

スワンサポート活動内容

(1)傷病ハクチョウの救護

(2)傷病ハクチョウの治療

(3)傷病ハクチョウのお世話

(4)一般市民への啓蒙活動

(スワンサポートの写真より)

まとめ

Duck4ブログを始め数回。スワンサポートがFacebookで投稿された記事を、皆さんに紹介してきました。

スワンサポートでかかわってきた傷病ハクチョウさんたちは、縄張り争いのケンカ。釣り針が絡まったり。ペットボトルのキャップが取れなくなったり。犬に嚙まれたり。心無いヒトによって撃たれたしまったり。水辺に油を流され油まみれになったり。縄張り争い以外は、ヒトによる不注意によって救護、治療、お世話が必要になったケースが報告されていました。

24時間365日対応してくれるスワンサポートの活動がいつまでも続いて欲しいこと。日本でも、このようなスワンサポートのような慈善団体があったらと、Duck4は願う限りです。

(スワンサポートの写真より)

Duck4
Duck4

スワンサポートでは、縄張り争いのケンカ。釣り針が絡まったり。ペットボトルのキャップが取れなくなったり。犬に噛まれたり。撃たれてしまったり。油まみれになった傷病ハクチョウさんたちを救護、治療、お世話をしているそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました