🦆「はくちょう丸」塗装中の嬉しいニュース!

スポンサーリンク
🦢Swans
Duck4
Duck4

新しい運営会社により猪苗代のシンボル的な存在の「はくちょう丸」の塗装が始まったお話です。

はじめに

あの猪苗代湖で廃船の危機に陥っていた「はくちょう丸」と「かめ丸」。一時は廃船危機に陥っていました。その危機から一転。7月にはは、 再開に向けて、新たな運営者が見つかりました。また、動き出したことに、Duck4も、とてもほっとしたのでした。 そして、「はくちょう丸」の塗装が、9月14日から始まり 月末には終えるという嬉しいニュース がありました。さて今日のDuck4ブログでは、塗装工事が始まった「はくちょう丸」の福島民報社の記事の紹介を行います。再会に向けて

塗装中の「はくちょう丸」のニュース

運航再開を目指す福島県の猪苗代湖の遊覧船「はくちょう丸」の塗装作業が14日、始まった。天候にもよるが月末に終了する見込み。

船体部分には「塗装中」のシートがはられている。初日は作業を担当する会津若松市の平田塗装防水が汚れた部分を削る作業などを行った。15日に高圧洗浄を実施し、16日から本格的な塗装作業に入る予定。 

同社によると、塗装は美化はもちろん、風水による劣化の防止効果がある。平田哲也社長(47)は「本県を代表する宝の一つで、全国の多くのファンが待ち望んでいる船。後世にしっかり残せるよう、きれいに仕上げたい」と話した。

(2021年9月15日 福島民報社)

(塗装中の「はくちょう丸」の写真)

Duck4
Duck4

9月15日から運航をしていなかった「はくちょう丸」の外観塗装を始めたニュースが福島民報社でありました。

まとめ

猪苗代湖の「はくちょう丸」は、運営会社の破産によって、どうなることか心配していました。そして、再建してくれる運営主体が見つかり、傷んでいた外装を塗装しなおすことなったでした。9月末ごろまでには、終わるということなので、とても楽しみであります。

コロナ禍で観光産業は大変です。きっと落ち着いたときには、また猪苗代湖にも旅行をするヒトたちは戻って来ることでしょう。それまでの辛抱。それまでに猪苗代湖周遊のシンボル的な存在だった「はくちょう丸」が残り続けたことは観光の灯を消さずにすんだことは、とても良かったことです。

そして、新しく塗装してキレイになった「はくちょう丸」を見たいものです。

Duck4
Duck4

新しく塗装した「はくちょう丸」を早く見たいんものですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました