🦢「北西」の風に乗って初飛来するオオハクチョウのスミスさん夫妻の話!

スポンサーリンク
🦢Swans
スミスお父さん
スミスお父さん

今日のDuck4ブログでは、毎年Duck4の定点ポイントで越冬しているオオハクチョウさんのツガイ。スミスさん夫妻は、「北風」が吹いているときにやって来るのか?それを考えるのがテーマです。🦢

はじめに

越冬するハクチョウさんたちは、北風が吹いた日にやって来るのではないか。とDuck4は考えています。その考えている仮説を立証するにあたり、個体識別ができ毎年越冬してオオハクチョウさんのツガイ。スミスさん夫妻の飛来日に「北風」が吹いたのか。それを仙台管区気象台の観測データで調べることにしました。

ちなみに今シーズンは、2021年11月1日早朝。クチバシに黒い線が両側に2本ある体が大きなオオハクチョウさん。もう1羽はちょっと体が小さなオオハクチョウさんがDuck4のそばに泳いで来ました。そして、じっと、Duck4の目を見つめていました。そのツガイのオオハクチョウさんは、あの昨シーズン、1羽の幼鳥と1羽の成鳥した彼らの子どもを連れていたスミスさん一家であることがすぐにわかりました。

実を言うと、「昨日の夕方(10月31日)、スミスさん夫妻のようなツガイのオオハクチョウさんが私のそばに来たよ!」とスミスさんを知る地元の方から教えてもらいました。ということは、スミスさん夫妻は、昨日の夕方(10月31日)に飛来していたのかもしれません。

その10月31日朝には53羽のハクチョウさんを確認したDuck4。夕方、また定点ポイントに行ってみると、カウンターを88回押していました。翌朝の11月1日には、108羽のハクチョウさんがいたのです。

今日のDuck4ブログでは、10月31日朝から11月1日朝までの仙台管区気象台の気象観測情報からスミスさん夫妻の飛来時のことの風向きを調べ、やはり「北風」に乗ってやって来たのかのお話をします。

スミスお母さん
スミスお母さん

仙台管区気象台の過去の気象データをもとに、スミスさん一家が飛来したときの風向きを調べてみます。

戻って来たオオハクチョウのスミスさん夫妻

10月31日朝より夕方には30羽増えていたハクチョウさんたち

昨日の夕方(10月31日)。日没後。ちょうど戻って来たハクチョウさんたちをカウンターでカチャカチャと数えていたら「88羽」になりました。朝よりも30羽近く増えたことになります。

翌11月1日には101羽

翌朝(11月1日)、Duck4の定点ポイントにいるハクチョウさんたちをカウントしたところ108羽いました。うち幼鳥が6羽でした。コハクチョウさんの成鳥が17羽確認できました。

寄って来る2羽のオオハクチョウをスミスさん夫妻の確信

そして、中洲付近で立って様子を見ていると、ツガイのオオハクチョウさんがDuck4に向かって泳いで来たのです。そのツガイのオオハクチョウさんは、べったり離れようとはせず、じっとDuck4の目を見つめていました。

もしかしたら、もしかするとです。クチバシを見ると、両側に2本の黒い線と斑点。見覚えのあるお顔です。「あなたは、スミスさん!?」と心の中で語り掛けました。そして、寄り添うように、もう1羽のちょっと体が小さなメスらしきオオハクチョウさんもいます。

他の飛来組ハクチョウさんがそばに来ると、体の大きなクチバシに黒い模様があるオオハクチョウさんは、追い払っていました。いや、これは、スミスお父さんではないかと99%確信を持ちました。ただ、残念ながら、今シーズンは子どもの姿がありません。どうやら、スミスさんは夫妻のみで戻って来たようです。

昨シーズンは11月9日に戻って来ているので、9日近く早いようです。また、「すりすり近寄って来たスミスさん似のオオハクチョウさんがいたよ!」との目撃情報もあったので、10月31日には、ここにスミスさん夫妻は戻って来ていたのかもしれません。

(2021年11月1日。飛来してきたスミスさん夫妻)

今シーズンのスミスさん夫妻初飛来

深夜から早朝「北西の風」お昼から夕方「南風」夜は「北西の風」(2021年10月31日)

仙台管区気象台の観測データによると、10月31日午前1時から午前8時頃までは1メートル~2メートルほどの「北西の風」が吹いていました。そのあと31日午前9時以降~午後7時まで、「南風」になり1メートル~3メートルほどの風が吹いていました。そのあと午後8時以降は、「北西」の風になりました。

深夜から午後12時まで「北西の風」(2021年11月1日)

翌11月1日午前1時から午後12時ごろまで1メートル~3メートルの「北西」が吹いていました。天気は10月31日は曇り時々晴。最高気温17.3度。11月1日は、曇り一時晴。最高気温19.5度でした。もしスミスさん夫妻が31日午前9時から午後5時の間に到着していれば「南風」に乗って飛来していたことが考えられます。

スミスお父さん
スミスお父さん

気象台のデータによると、今シーズンの初飛来日には「北西」の風が吹ていたようです。

昨シーズンのスミスさん一家の初飛来

【2020年11月10日】出会ったときのスミスさん一家

昨シーズンのスミスさん一家の初飛来をDuck4が確認したのは、2020年11月10日でした。1羽の幼鳥を連れた体の大きなオオハクチョウさんが、子どもをいっぱい連れた大家族のオオハクチョウさんたちを追い払っていたのです。その追い払っていた体も大きくてどことなく風格と威厳があるオオハクチョウさんがスミスお父さんだったのでした。

地元の方はスミスさん一家【2020年11月9日】に出会う

のちに、スミスさん一家のファンである地元の方が教えてくれたのですが、「スミスさん一家は11月9日夕方にはいましたよ!」が教えてくれました。というこは、11月9日には、すでにスミスさん一家は飛来していたことになります。

昨シーズンは「北西」の風に乗ってやって来たスミスさん一家 

仙台管区気象台の気象データによると、スミスさん一家が到着したであろう11月9日には「北西」の風が午前1時~午後1時にかけて吹いていました。特に午後1時には北西の風6.1メートルを記録していました。天気は晴れ一時雨。最高気温12.3度でした。前日8日の最高気温が20.5度。天気が晴れだったこともあり、いっきに8度近く下がっています。

ちなみに、2020年11月8日早朝のハクチョウさんの数は112羽。11月9日早朝のハクチョウさんの数は57羽。そして翌11月11日。Duck4が初めて1羽の幼鳥を連れて飛来してきたスミスさん一家を確認できた朝には、121羽のハクチョウさんたちが確認できました。

(2020年11月10日。1羽の幼鳥を連れた飛来したスミスさん一家)
スミスお母さん
スミスお母さん

気象台のデータによると、昨シーズンも「北西」の風が吹いたときに初飛来したようですね!

まとめ

スミスさん夫妻がこのDuck4の定点ポイントに戻って来るタイミングは、「北風」が吹いたときにではないか。そう考えたDuck4は、スミスさん一家の目撃情報があった2021年10月31日~11月1日。2020年11月9日~11月10日の仙台管区気象台が発表した風向きを調べてみることにしました。すると、両日ともに「北西」の風が吹いていた時間がありました。という結果から、オオハクチョウのスミスさん一家は、「北風」に乗って初飛来して来たのではないか。とDuck4は考えたのであります。

Duck4
Duck4

2年間のみのデータですが、スミスさん一家の初飛来日には「北西」の風が吹いたときにやって来ているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました