🎒ダサいリュックをオシャレに背負いこなすには!~肩紐(ショルダーストラップ)と洋服アウターに注意!!

スポンサーリンク
🎒Backpack
Duck4
Duck4

リュックの肩紐「ショルダーストラップ」と洋服のアウターの色に注意することで、ダサいリュックが、オシャレに背負えるようになるお話です!🎒

はじめに

リュックは両肩で背負えて、ハンドフリーになるので、機能的かつ利便性に優れているカバンです。そんな、利便性に優れているリュックが、大好きDuck4なのですが。

しかし、リュックに対して肯定的な人ばかりでないのも事実。SNSのコメント欄には、「リュック、ダサいよね!」という意見もあります。どうしても、リュックは、ダサく見えてしまうのです。

そこで、どうしたら、一定数の人からダサいと思い込まれているリュックから、肯定的な意見がもらえるようになるのか。

また、どうしたら、ダサいリュックがオシャレに背負えることができると思いますか。

結論を先に言うと、そのリュックで、最初に他人からの視線が、肩紐(ショルダーストラップ)の両肩のラインに行くことに注目。この肩紐が目立たないように、リュックとアウターの洋服を同系色にすることです。

そして、リュックは、他のカバンに比べて個性が強く、目立ってしまいます。そのため、リュックとアウターをコーディネイトが難しくしています。

例えば、アウターがカジュアルなTシャツ、パーカー、アウトドア用ジャケットならば、アウターも目立つので、コーディネイトしていても大丈夫なのですが。

しかし、ジャケット、スーツ、コート。夏ならば襟付きのシャツ、ポロシャツなどのフォーマルなアウターに、個性が強いリュックを背負うと、リュックが目立ち過ぎてしまいます。

今回のDuck4はブログでは、超難易度なリュックとのファッション。

どうしたら、リュックとアウターが上手くコーディネイトできるのか。

リュックのショルダーストラップ(肩紐)に着目。超難易度のリュックとのコーディネイトについて考えてみたいと思います。

Duck4
Duck4

特に、リュックとアウターがフォーマルな服装とコーディネイトすることは、超難しいですよね!🎒

リュック ダサい

前後ろで背負っていると

リュックをダサいとわかっていても、ある一定数いるとは知りながらも、Duck4は、リュックを愛用しています。

ところで、前と後ろにリュックをそれぞれ背負って、ハクチョウさんのフィールド調査を行っているDuck4。通りがかりの人からは、前と後ろにリュックを背負っているDuck4の姿を見て、「あの人のリュック 超ダサいよね!」と思われているのかもしれません。

言い訳にもなりますが、前後ろにリュックを背負っていると、ハクチョウさんのフィールド調査中にすぐにカメラを取り出せる。

というメリットもある機能性と利便性もあってDuck4は、前と後ろで背負い続けております。

Duck4
Duck4

リュックは機能性と利便性に優れているものの、やはり前と後ろでリュックを背負っているとダサく見えてしまいますね!🎒

リュックにエールを込めて

そんなダサい、リュックについてSNS(X・旧Twitter)にも当然のようにありました。

そんなダサいリュックに押しつぶされそうになっているリュック愛用者へのエールになればと思い、次の2つの投稿を紹介いたいと思います。

『スーツにリュックダサい』 ってツイートを見たけど、 君も子供ができて幼稚園に送る時に気付くよ。 リュックなら手を繋げる。

X 旧Twitterへのコメント🐤

【40代になったらやっているだろうなと20年前に思っていたこと】 ・会員制のバーやレストランに通う ・オーダースーツを日常的に着る ・高級腕時計を着ける →ぜんぶやってない 【40代になったらやらないだろうなと思っていたこと】 ・電車の中で漫画を読む ・リュック ・パーカー →ぜんぶやってる

X 旧Twitterへのコメント🐤

個性が強すぎなリュック

リュックは、個性が強いカバンです。

なぜ、Duck4は、そう思うのかというと、それは、リュックの構造にあるからだと思っております。

リュックは、体に接する面積が、他のカバンに比べて広いからです。リュックは、両肩で背負うので、肩紐(ショルダーストラップ)の線が肩から脇にかけてラインが目立ってしまいます。

また、おんぶされているかのように、リュック本体が背中全体を占めているからです。

なので、リュックは、背負っているだけで目立ってしまうのです。

個性が強いカバンなので、アウターよりもリュックが目立ってしまうと、リュックが浮いてしまいます。

なので、リュックはダサく見えてしまうのかもしません。

目立つリュック

リュックが目立っても良いアウター

リュックが目立っても良いアウターは、Tシャツ、パーカー、アウトドア用ジャケットだと思います。

これらのアウターは、カジュアルで、リュックが目立っていても、コーディネートがしやすいからです。

リュックが目立つとダサくなるアウター

一方、リュックが目立ってしまいNGとまでは行きませんが。

しかし、これらのアウターは、襟付きのシャツ、ポロシャツです。また、ジャケット、スーツ、コートもです。

一般にフォーマルなアウターだと、リュックが目立ってしまうと、ダサく見えてします。

なので、リュックとコーディネートするのは、超難しくなるのです。

「肩紐」に注意

SNS(X 旧Twitter)には、このようなコメントがありました。

リュック姿がダサい人の特徴は「肩紐」にアリ 失敗しない選び方とはリュック姿がダサい人”の問題点は「肩紐」にアリ。失敗しない「リュックの選び方」とは

X 旧Twitterへのコメント🐤

確かに、肩紐は、リュックを背負っている人を真正面から見ると目立ってしまいます。

なので、ダサく見える人にありがちなのは、リュックの肩紐が目立ってしまうことにあるのかもしれません。

森井良行さんの記事がSPA!!の電子版に『“リュック姿がダサい人”の問題点は「肩紐」にアリ。失敗しない「リュックの選び方」とは』がありましたので、次に紹介いたします。

どんなリュックを選べが良いのか

Tシャツ、パーカー、アウトドア用ジャケットならば、リュックの個性に負けることなく、難なくアウターともコーディネート可能でしょう。

しかし、襟付きのシャツ、パーカー、ジャケット、スーツ、コートなどのフォーマル感のあるアウターの場合。リュックの個性が際立ち、アウターからリュックが浮いてしまうことが往々にあります。

そのアウターがフォーマルな場合に、どんな肩紐を選ぶかで、リュックの個性が抑えられ、アウターがメインになれるからです。

それは、化学繊維の肩紐ではないもの。レザーやラバー素材の肩紐を選ぶと、リュックの肩紐が目立たなくなります。

また、肩紐の色も重要です。

ポロシャツや襟付きシャツの色と似たような色のリュックの肩紐を選ぶことで、トップスと肩紐が同じように見せることも大事です。

例えば、黒いリュックと肩紐の場合は、白よりも紺色でトップスを選ぶことで、リュックの存在を薄められるます。

Duck4
Duck4

著者の森井良行さん曰く「リュックの肩紐と同系色のトップスを選ぶとリュックが目立たなくなる」と述べていました!🎒

まとめ

夏になると、アウターが薄着になる人が多くなります。Tシャツ、パーカーなどの比較的ラフなスタイルならば、リュックが目立っていても気にならないのですが。

一方、夏のアウターがフォーマルな方。ポロシャツ、襟付きシャツ、ジャケットが白っぽい色で、黒いリュックのと紐が黒色だったら、白シャツと黒いリュックと肩紐が正面からみると、とても肩紐の黒色が際立って見えてしますのです。

意外と、黒色のリュックは派手さもなく、合わせやすいと思いがちなのですが。

それがかえってリュックが目立ってしまい、リュックがダサいと思われてしまうのかもしれません。

そこで、白色のシャツではなく、紺色のシャツと黒色のリュックを合わせることで、リュックを目立ないようにすることも大切なようです。

Duck4
Duck4

白いシャツと黒いリュックだと目立ってしまうので、紺色のシャツを着ることでリュックの肩紐が目立たなくなり、リュックがダサくならなくなるようですね!🎒

参考文献📚

森井良行さんの記事がSPA!!の電子版に『“リュック姿がダサい人”の問題点は「肩紐」にアリ。失敗しない「リュックの選び方」とは』

コメント

タイトルとURLをコピーしました