🦢ヨシの根っこを食べるコブハクチョウ&オオハクチョウ

スポンサーリンク
🦢Swans
Duck4
Duck4

ハクチョウの見守り保護活動。フィールド調査を行っているDuck4です。今日のテーマは、」「ヨシの根っこを食べるオオハクチョウさんとコブハクチョウさん」の話です。

はじめに

普段、ハクチョウさんたちは、何を食べているのか?これは、Duck4のテーマのひとつです。

ところで、砂押川の河川敷で、コブハクチョウさんのコブちゃんとオオハクチョウさんのオオちゃんを観察していると、ヨシ林のそばで、長い首を突っ込んで、白い根っこを引っ張っているオオちゃんを見ました。

オオちゃんは、ヨシの根っこを口の中に入れ飲み込んだです。ちなみに、オオハクチョウさんのオオちゃんは、コブハクチョウさんのコブちゃんといつも一緒にいる、まるで種別を超えた「ツガイ」のようなナカヨシの2羽のハクチョウさんたちです。

(ヨシの根っこを食べるオオハクチョウのオオちゃん!)

アドちゃん
アドちゃん

ヨシの根っこは、渡りのできない飛べないハクチョウさんたちにとっては貴重な食べ物なんだよ!

川で生きる2羽のハクチョウのコブちゃんとオオちゃん

オオハクチョウさんのオオちゃん

このオオハクチョウさんのオオちゃんは、2017年6月ごろ生まれ。ただ2018年3月下旬ごろから、羽をケガして飛ばなくなり、それから、ずっと砂押川で生きています。オオちゃんの年齢は3歳で比較的若いオオハクチョウさんです。体も、毎年、戻ってくる渡りのオオハクチョウさんとほぼ同じ体形をしています。なので、環境が良いのか、飛べなくても栄養状態も良いのではないかと思われます。

アドちゃん
アドちゃん

オオハクチョウさんのオオちゃんは3歳。

アドちゃんよりも3歳も若いんだよ!

コブハクチョウのコブちゃん

このコブハクチョウさんのコブちゃんを、Duck4が初めて見たのが2019年6月ごろ。その時は、ここよりも上流に、羽をケガして飛べないオオちゃんと一緒にいました。ずっと、コブちゃんは、オオちゃんから離れずいます。「ツガイではないか?」と地元の方も話してくれました。まんざら、コブちゃんとオオちゃんがツガイというのもウソではなさそうです。

アドちゃん
アドちゃん

コブハクチョウさんのコブちゃんは、オオハクチョウさんのオオちゃんとは、ツガイ!?のようなんだよ!

ヨシ原もあるコブちゃんとオオちゃんの棲息場所

このコブちゃんとオオちゃんが棲息している砂押川は、2級河川で、川幅もそんなに広くありません。市内を流れている川なので、住宅地にあります。ここよりも下流へと泳いで行くと、両岸がコンクリート護岸になっていて、コブちゃんやオオちゃんの食べ物はなさそうです。ただ、いつもいる場所には、岸にヨシ原が自生しているので、2羽にとっては良い餌場になっているようです。

アドちゃん
アドちゃん

砂押川には、ヨシ原が広がっていてコブちゃんやオオちゃんは、その根っこを食べているようだよ!

コブちゃんとオオちゃんへの給餌や餌付け

コブちゃんとオオちゃんがいる砂押川は、住宅地です。そのため、地元の方が、コブちゃんやオオちゃんにパンをあげたりしています。ヒトが来ると、おのずとコブちゃんとオオちゃんもそばまで泳いで来ます。自然の食べ物以外にも、餌付けに依存しているようです。また、夏越しをしているわりに、オオハクチョウさんのオオちゃんは、体形もがっちりしていて、毎年、飛来するオオハクチョウさんと比較しても、ほぼ同じ大きさをしているようにも見えます。

まとめ

コブハクチョウさんのコブちゃん。オオハクチョウさんのオオちゃんがいる砂押川は、ヨシ原が広がっています。ここよりも上流に行くと両岸にヨシ原が広がっていて、コブちゃんとオオちゃんは、そこにお出かけしていることもあります。川幅は狭いのですが、羽をケガしているオオちゃんにとっても、食べ物に困ることがない自然の餌があるようです。

それと対照比較するに、滞在組のオオハクチョウさんのミルクちゃん、チンさん、アドちゃん、メイちゃん、ノンちゃんがいるDuck4の定点ポイントよりも、餌場には恵まれているのかもしれません。それは、滞在組のハクチョウさんたちがいる川では、河川敷の土砂を取り除く工事が行われ、今まで自生していたヨシ原も切られ激減。土砂がむき出しになり、今まで隠れていたコンクリート護岸が姿を現したからです。

宮城県では、河川改修工事が、行われています。この砂押川でも、多くのヨシ原が伐採されるようなことがないことを願う限りです。そうすれば、ツガイらしきコブちゃんやオオちゃんが、自然の餌に困ることなく、生き続けることができることでしょう。

(ヨシ原近くで根っこを食べるオオちゃん&コブちゃん)

アドちゃん
アドちゃん

アドちゃんたちが生きている川では、河川敷の土砂を取り除く工事ですべてのヨシ原が伐採されてしまったけど、コブちゃんやオオちゃんがいる砂押川では、水質浄化のためにも残して欲しいよね!

コメント

  1. うい より:

    私は砂押川のハクチョウさんは見たことがなかったですね。
    一度かわいい二羽に会いたかったです。本日広瀬川で飛び立ったハクチョウさん一家のうち、子どもちゃんが電線に引っかかりそうになり、バランスを崩して橋の上のトラックに乗り込んでしまったそうです。そこから道路に降りてしまったそうですが、とっさに地元の人が車の誘導にあたり、子供ちゃんは無事保護されたそうです。
    怪我はなかったので、数日後放たれるそうです。
    ハクチョウさんの事故で帰れなくなる子は今年は減るといいですね。

    • duck4duck4 より:

      ういさんへ

      こんばんは!

      コブちゃんとオオちゃんはいつも一緒ですね!🦢
      砂押川の両岸にはヨシ原が広がっているので、その根っこを食べて命をつないでいるようですね!

      ところで、地元のヒトの話によると、
      コブちゃんも飛べないとの情報をいただきました!

      いつも行くと、この場所によくいるので、
      外傷らしきものは目視ではわかりませんが、
      もしかしたら、コブちゃんもケガをしているのかもしれませんね!

      あの東北本線、国道、新幹線のこ線橋があるあたりでしょうか?
      そこに電線もあると、避けきれずに、衝突してしまったのでしょうか?

      何とか、子どもハクチョウさんは命に別状がなく良かったです!
      羽にケガがなければ良いのですが!
      危ない場所を通過するハクチョウさんには、
      ハラハラドキドキさせられますよね!🦆

  2. うい より:

    こぶちゃんが飛べないのが本当だとしたら、こぶちゃんとオオちゃんは本当に運命の出会いですよね!
    考えただけでも感慨深いですね!

    • duck4duck4 より:

      ういさんへ

      こんばんは!

      本当に、コブちゃんとオオちゃんは運命的な出会いですよね!
      このコブちゃんかどうかわかりませんが、
      Duck4は、以前、コブハクチョウさんを七北田川、加瀬沼で見たことがありました!
      もしかしたら、そのコブハクチョウさんは、コブちゃん!?の可能性もあるのではないかと思っております!🦢🦆

タイトルとURLをコピーしました