🦢渡りのハクチョウさんに居場所を追われる滞在組!

スポンサーリンク
🦢Swans
Duck4
Duck4

ハクチョウさんの見守り、保護活動。フィールドワークをしているDuck4です。今日のテーマは、「羽をケガしている滞在組のハクチョウさんたち」のお話です。

はじめに

Duck4の定点ポイントには、飛べない渡りのできないオオハクチョウさんが5羽います。そのうち4羽がいつも一緒に行動しています。昨シーズン。繁殖地へと戻って行った渡りのオオハクチョウさんたちがいなくなった後も、4羽の滞在組のオオハクチョウさんは、縄張りを守り続けていました。しかし、渡りのオオハクチョウさんたちが、秋になり繁殖地から越冬先として、この滞在組のハクチョウさんたちの縄張りに戻って来ました。そして、強い渡りのオオハクチョウさんたちも、戻ってきたことで、羽をケガしている滞在組のオオハクチョウさんは、縄張りを追われ、肩身を狭い思いをしているのが、今日のブログのお話です。

アドちゃん
アドちゃん

真冬になると、強い渡りのハクチョウさんたちがやって来るので、アドちゃんたちの居場所が狭くなり困るんだよ!

滞在組のオオハクチョウさんたち

ずっと夏越してきた3羽の滞在組のハクチョウさん

Duck4の定点ポイントには、飛べない渡りのできないオオハクチョウさんが5羽います。そのうち、ずっとここに棲みついているのが3羽。滞在組のリーダーのミルクちゃん。パンの食べ過ぎで脚気になったチンさん。6歳のちょっと優しい性格の持ち主のアドちゃんです。

(滞在組のリーダーのミルクちゃん)

(滞在組のチンさん)

(滞在組のアドちゃん)

今年の5月に仲間入りしたオオハクチョウのメイちゃん

5月下旬。突然現れたのが数本の風切羽が折れているメイちゃん。メイちゃんは、滞在組のハクチョウさんたちに仲間入りして、いつも一緒に行動しています。

(オオハクチョウのメイちゃん)

また11月にも羽のケガしたオオハクチョウさんのノンちゃんが現れる

まだ別行動ですが、11月にケガしていることがわかった渡ってきたオオハクチョウさんのノンちゃんが、Duck4の定点ポイントにはいます。Duck4が行くと、最近、ノンちゃんは近づいてもくれるようになりました。

(オオハクチョウさんのノンちゃん)

守ってきた滞在組の縄張り

10月中旬。今シーズンも秋の渡りのためにオオハクチョウさんが、滞在組のハクチョウさんたちの縄張りに戻って来ました。

すると、リーダーのミルクちゃんとチンさんは、大きな声をあげて、怒鳴りだしました。「ここは、滞在組の縄張り!あっちへ行け!」とでも叫んでいたのでしょう。

そこに、普段は、滞在組の中でも優しい6歳のオオハクチョウさんのアドちゃんまでも、加勢するかのように、「ここから!出ていけよ!」と叫ぶようになりました。

それから、5月から仲間入りしたメイちゃんは、昔の仲間を探していたのですが見つからず、急に11月初旬から、何か吹っ切れたのか、「出て行けよ!」と3羽の滞在組のオオハクチョウさんたちを援護射撃する立場に立つようになりました。たぶん、昔の仲間との関係が吹っ切れたのかもしれません。

滞在組のリーダーのミルクちゃん、チンさん、アドちゃん、そして、メイちゃんまでが、団結して、渡ってきたオオハクチョウさんに対して、「ここは、滞在組の縄張りだ!ここから、とっとと出て行け!」と、まくしたてるように主張するようになりました。しかし、です。

アドちゃん
アドちゃん

リーダーのミルクちゃん、チンさん、メイちゃん、そしてアドちゃんで縄張りを守ってきたんだけれど…!

強い渡りのハクチョウさんたちに太刀打ちできない滞在組

今年もまた戻ってきた強いオオハクチョウのスミスさん一家

強い渡りのオオハクチョウさんが、定点ポイントへと、ぞくそくと越冬のために戻って来ました。その最たるオオハクチョウさんは、スミスさん夫妻。毎年、ここで越冬するスミスさん夫妻に、滞在組のハクチョウさんたちが一番、太刀打ちできない相手です。

今シーズンも、スミスさん一家は、1羽のこれも成鳥にも臆せず攻撃する幼鳥を連れて戻ってきたのです。その幼鳥だけならまだしも。その幼鳥プラス、2羽の成鳥もくっついています。1羽は、スミスお父さんにクチバシの模様が酷似しているので、もしかしたら、スミスさん一家の子ども!?ではないかとDuck4は見ています。

そんな強いスミスさん一家が、4羽の滞在組のオオハクチョウさんの食事中に来られると、ケンカして負けてしまうことがわかっているので、さっさと食べるのを止め、その場をスミスさんに譲ります。

(強いオオハクチョウさんのスミスさん一家)

アドちゃん
アドちゃん

このスミスさん一家には、滞在組のハクチョウさんは、負けてしまうよ。とても強いオオハクチョウさんなんだよ!

完全に威嚇の叫びをしなくなった滞在組

12月に入ってからのことです。ついに、4羽の滞在組のオオハクチョウさんは、「あっちへ行け!ここは、滞在組の縄張りだ!」と渡りのハクチョウさんたちに叫ぶことを止めました。叫んでも、多勢に無勢。

それが、痛いほどわかっているミルクちゃん、チンさんはおとなしくなりました。アドちゃんもにDuck4にべったりになりました。もちろん、リーダーのミルクちゃんもです。

まとめ

毎年のように、晩秋から早春の間には、滞在組のハクチョウさんたちよりも強いスミスさん一家のようなオオハクチョウさんたちが、そばで越冬し始めました。それは、仕方がないこととあきらめ、なるべく、滞在組のハクチョウさんたちは、強いものに巻かれるように、静かに過ごしています。

こうやって食べ物が少なくなる真冬を、滞在組の片足が不自由なオオハクチョウさんのチンさん。ミルクちゃん。アドちゃんは、この定点ポイントのみで何年も生きてきました。

アドちゃん
アドちゃん

地元の方のご厚意もあり、食べ物が乏しくなる冬でも、ミルクちゃん、チンさん、アドちゃんも生きてこられたんだよ!

Duck4
Duck4

地元の皆さん!どうか、飛べない滞在組のハクチョウさんたちを助けてあげてくださいね!ただし、パンの食べ過ぎで脚気になったチンさんもいるので、おコメ、野菜、配合飼料をあげてね!

コメント

  1. うい より:

    ハクチョウさんの世界もなかなかどうして大変ですよね。
    滞在組も守れる範囲を必死に守っていくスタイルに変えたのでしょうね。賢く生きている選択ですよね。

    • duck4duck4 より:

      ういさんへ

      こんばんは!

      冬になると、強い渡りのハクチョウさんたちもやって来るので、
      滞在組のハクチョウさんたちの居場所はどうしても狭くなってしまいますね!

      なるべく、争いを避けるように、ミルクちゃんたちも、工夫して生きているのは、
      見ていると伝わってきますね!

タイトルとURLをコピーしました