🦢一緒に行動しているオオハクチョウのスミスさん一家のすでに成鳥した子どもたちのプロフィール!

スポンサーリンク
🦢Swans
Duck4
Duck4

今日のブログは、成鳥した2羽のスミスさんの子どもたちのお話です。

はじめに

一般的に、一年間。ハクチョウさん家族は、その年に生まれた幼鳥と一緒に行動します。そして、春になり繁殖地に着く頃には、その幼鳥は独立。いや、繁殖の準備のために去年生まれた幼鳥を追い出します。そして、また新たに子育てを始めるのです。

2019年シーズンに3羽の幼鳥を連れてDuck4の定点ポイントに越冬したオオハクチョウさんのスミスさん一家。このスミスさん一家ですが、今シーズンも、Duck4の定点ポイントに戻って来ました。それも1羽の幼鳥を連れてです。とても、嬉しい再会になりました。

そして、スミスさん一家には、渡ってきてすぐに、なぜか2羽の成鳥も一緒にいたのです。これって、2019年シーズンに生まれた3羽のうちの2羽の幼鳥!?そのスミスさん一家の成鳥した子どもたちが、また同居を始めたのです。

今日のDuck4ブログは、生まれて1年以上経っているスミスさんの成鳥した2羽の子どもたちのプロフィールのお話です。

成鳥してスミスさん一家の2羽の子どもたち

体がお父さんよりも大きく成鳥した子ども

クチバシに黒い模様がお父さん似

このすでに成鳥したスミスさんの子どもですが、あの体が大きなスミスお父さんよりも大きいな子どもがいます。あまりにも大きいので、スミスジュニアさんと呼ぶことしました。

このスミスジュニアさんですが、クチバシの模様もお父さんにもかなり似ています。クチバシの黄色い部分に2本の黒い線があるからです。スミスお父さんの方がクチバシの黒い線は多いのですが、見ればスミスお父さんの遺伝を引いていることがすぐわかります。

親鳥にはとてもおとなしい態度のスミスジュニアさん

ところで、このスミスジュニアさんは、お父さんには従順です。まあ、成鳥してからもスミスお父さんやお母さんにくっついているので、親の前ではおとなしいのは理解できるかと思います。例えば、餌をもらっている時に、スミスお父さんはまだ幼鳥の子どもには、譲ったりするのですが、このスミスジュニアさんに対しては、軽く突っついて、「お前は後だよ!」とでも言って態度で示しています。

兄弟姉妹はナカヨシ

兄弟!いや姉妹かもしれませんが、兄弟同士はナカヨシでケンカをしているところ見たことがありません。ただし、他の弱そうな飛来組のハクチョウさんたちにはケンカを挑み勝ったところをみたことがあります。

(2本の黒い線があるスミスジュニアさんのクチバシ)

(クチバシに複数の黒い線があるスミスお父さん)

スミスお父さん
スミスお父さん

うう!スミスジュニアは、クチバシがお父さん似だぞ!

お母さん似の成鳥したスミスさんの子ども

ここで合流したような成鳥したスミスさん一家の子ども

体はスミスお父さんよりも小さいのですが、クチバシの模様と形がスミスお母さんに似ている成鳥したスミスさんの子どもがいます。

この成鳥したスミスさんの子どもですが、11月上旬にスミスさん一家が飛来してきたときには一緒ではありませんでした。しかし、数日後に合流したのではないか。とDuck4は思っています。それから、合流してからというもの、この成鳥したスミスさんの子どもは、いつも一緒に5羽で行動しています。なので、このオオハクチョウさんもスミスさん一家の成鳥した子どもと考えています。

そばまで来るのはお父さん譲りの性格

この成鳥した子どもですが、性格は結構堂々としているところがあります。無言のままDuck4のそばまで来て立っていることがあります。スミスお父さんも近くまで来てDuck4のそばで立ちます。スミスお父さんの場合は、「ウー!」と低い声で話けてきますが、この成鳥したスミスさんの子どもは鳴きませんが、そばに立って離れようとしはないのは、まさにお父さん譲りの性格です。

クチバシのV字型はまさにお母さん似

この成鳥したスミスさんの子どもですが、クチバシの付け根がV字型。スミスさんお母さんに似ているように感じます。ただ付け根の両側に黒い線があるので、その点は若干、お母さんとは違っています。体の大きさは、お母さんよりも大きく、お父さんよりも小さいです。

(V字のクチバシの成鳥したスミスさんの子ども)

(V字のクチバシの黒い模様がないスミスお母さん)

スミスお母さん
スミスお母さん

成鳥したこの子はわたしお母さん似ですよ!

まとめ

クチバシの形や模様を使ってハクチョウさんたちの個体識別は昔から行われてきた。そして、いつも一緒の5羽のスミスさん一家の写真を撮影して、クチバシの模様をじっくり見て類似点を探してみました。すると、今シーズン生まれたスミスさんの幼鳥。2羽の成鳥の子どもたちに共通していたのが、「V字型のクチバシの模様」をしていました。

お父さんもお母さんもV字型のクチバシの模様しているので、今一緒にいる子どもたちも遺伝したのかもしれません。クチバシにある黒い模様は、スミスお父さんとスミスジュニアさんで似ているようです。

成鳥になった子どもたちが、親鳥と一緒に行動するのはめったにないハクチョウさんたちの家族。しかし、スミスさん一家に限っては、成鳥した子どもたちも同居しています。見ているとスミスさん夫妻の家族愛を感じさせられます。そして、スミスさん夫妻の懐の広さは、子どもたちにもその血が引き継がれていくことでしょう。

(今シーズン生まれたスミスさんの幼鳥)

(5羽のスミスさん一家)

スミスお父さん
スミスお父さん

お母さん!我が家は家族の絆を大切しているよな!

スミスお母さん
スミスお母さん

お父さん!我が家は家族愛に満ちているよ!

子どもたちもすくすく育っていることだしね!

コメント

  1. うい より:

    スミスさんは👧に厳しいと聞きましたが、愛情はしっかりつたわっているのでしょう。どこまで遺伝ってあるのか、その観察が出来そうですね。

    • Duck4duck4 より:

      ういさんへ

      こんばんは!

      数年前までは、厳しいお父さんでしたが、
      昨年あたりから丸くなってきましたね!

      成鳥になった子どもたちも一緒ということは、
      家族愛に満ちたスミスさん夫妻なのかなと思いました!🦢🦆

タイトルとURLをコピーしました