🎒2つのバックパックを一緒に背負うメリットとは!

スポンサーリンク
🎒Backpack
Duck4
Duck4

今日のDuck4ブログは、フィールドで一緒に背負っているバックパックのお話です。

はじめに

ハクチョウさんのフィールド調査のために会いに行くときDuck4は2つのバックパックを一緒に背負います。背中には、10年以上使っているグレゴリーのバイブ(Vibe)という22リットルのバックパック。前には、お腹を冷やさないようにロウアルパインの17リットルと、とても小型のバックパックを2つです。

ところで、このグレゴリーとロウアルパインの小型のバックパックを一緒に背負っていることで、思わぬメリットがあったのでした。

そのメリットとは、歩いている時にバックパック本体が揺れず体にフィットしていること。バックパックが揺れたり動いたりすると、どこかの体の部位に負担がかかってしまいます。

理想的な背負い方である「肩」「背中」「腰」の3点で支えることができたことです。

今日のDuck4ブログでは、2つのバックパックを一緒に背負うことで、体に負担がかからないお話をします。

2つのバックパック

グレゴリー・バイブ(Vibe)のバックパックには

グレゴリーのバイブのバックパックには、滞在組のハクチョウさんたちへ持参する朝食。大きな紙袋を入れています。以前は長靴とかも入れていたので、バックパックはかなりパンパンになっていました。しかし、2つに分けたのことで、若干の余裕ができるようになりました。

ロウアルパインのバックパックには

ロウアルパインのバックパックは、前方に背負っています。なので、すぐ取り出せるものを入れています。

例えば、遠くを見るための双眼鏡。手袋。マスク。鳥の図鑑です。背負ったまま取り出せるのでとてもストレスフリーです。

以前は、グレゴリーのバックパックに1つ。これらのものをパッキングをしていたので、その都度に取り出したり、また背負いなおしたりと意外と面倒くさいものがありました。

「肩」「背中」「腰」の3点で支えることができる一緒に背負うメリット

2つのバックパックを一緒に背負うことの大きなメリットは、体にフィッティングすることです。また、歩いている時に、揺れたり動いたりしません。2つのバックパックがお互い「肩」「背中」「腰」の3点で密着して支え合えるからです。

特に、バックパックを背負って体を痛める原因のひとつに、背負い方に問題があると思います。例えば、ショルダーストラップ(肩ひも)を超長くする背負い方は、バックパックの本体の重さが「肩」と「腰」のみに集中してしまうからです。

一つの背負いカバンに重さを集中させる危うさ

同じ重さの荷物を1つのカバンで持つのと。2つで持つでは、どちらが重く感じてしまい、体に負担がかかるでしょうか。

これから、Duck4が中学生のときに経験したことをお話します。毎日、重い教科書、ジャージ、もしくは学生服を1つの学校指定の背負いカバンに詰めて背負って登校していました。たぶん、重いときには10キロぐらいになったかと思います。

すべてのものを1つの背負いカバンにパッキングしたことで、もちろんパンパンに膨らみ、まるで豚さんのようでした。

また背負いカバンがパンパンに膨らんでいたことで、背負っていて体が窮屈になりました。なので、ショルダーストラップ(肩紐)を超長く調節して背負うことにしたのです。

そうすると、重みが「肩」と「腰」に集中してしまったのです。特に、「腰」への負担はかなりのもになりました。

その時の解決策として、背負いカバンとは別にもう一つのバックに荷物を分けることで問題は解決したのです。

まさに今回、2つのバックパックを一緒に背負う発想でした。

まとめ

ハクチョウさんに会いに行くとき。2つのバックパックを一緒に背負っています。当初は寒さ対策でしたが、思わぬ副産物が、体に負担がかからない背負い方に気づくことができました。「肩」「背中」「腰」の3点で支え合うことで、重さを分散できたことでした。

Duck4
Duck4

バックパックを背負っている時に、「肩」「背中」「腰」の3点で支えることで重さが分散されて疲れませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました