🎒カバンの傾きが肩と腰への負担がかかる【横長型リュックサック】!

スポンサーリンク
🎒Backpack
Duck4
Duck4

今日のDuck4ブログは、【横長型リュックサック】のカバンの傾きが体に及ぼす影響についてのお話です。

はじめに

背負っていると肩と腰に負担がかかる横長型リュックサック。ところで、ここで言う「横長型リュックサック」とは、横幅が40センチほどあるリュックサックになります。

一方、今、街で見かけるほとんどのリュックサックは「縦長型リュックサック」。ハクチョウさんの見守りフィールド調査でお出かけするときに、Duck4が背負って行くグレゴリーは「縦長型リュックサック」です。

なので、この横長型リュックサックを使ったのは、学校指定の背負いカバンとして背負った中学生だけでした。

話をもとに戻しますが、横長型リュックサックの方が、縦長型リュックサックよりも背中や腰にあたる部分が横に長くなり、小柄なヒトだと体からカバンもはみ出すこともあります。

また、この横長型リュックサックですが、直立時や歩行時でも、カバンと体の間に常時傾きがあったことが研究でわかりました。

理想のリュックサックの背負い方とは、肩、背中全体、腰の一部で背負う3点背負い。横長型リュックサックは、カバンの傾きから肩、腰の2点背負いになる恐れもあるのです。

今日のDuck4ブログでは、被験者に「横長型リュックサック」と「縦長型リュックサック」を背負って動作解析を行った論文。「動作解析による通学カバンの背負いやすさの評価」で解明された「横長型リュックサック」がカバンの傾きが生じて、2点背負いによる肩と腰とに負担がかかるのではないか。というお話をします。

(フィールドで背負っている縦長型のグレゴリーのリュックサック)

Duck4
Duck4

横長型リュックサックはカバンの傾きがあり、肩と腰への負担がかかります。

わたしの横長型リュックサック

この「横長型リュックサック」を一度だけDuck4は3年間使ったことがありました。それは中学のときの学校指定カバン。この学校指定の背負いカバンが横長型リュックサックでした。

この学校指定で横長型の背負いカバンですが、青色の横長型のナイロン製。肩ひもと雨蓋には、反射板が縫い付けられていました。5キロ以上にもなる教科書やジャージを横長型背負いカバンに詰めて登校していたので、肩と腰に負担がかかっていたのかもしれません。

使っていたときには、当然、カバンの傾きがあったことはわかりませんでした。

体に負担がかかる横長型リュックサック

動作解析による通学カバンの背負いやすさの評価

なぜ、リュックサックを背負うと、体に負担がかかるのか?

そんなDuck4の疑問に答えてくれたのがこの論文。「動作解析による通学カバンの背負いやすさの評価」でした。

この研究では、カバン会社の協力を得て従来品の「横長型タイプの背負いカバン」。試作品の「縦長タイプ背負いカバン(肩ひもの幅45ミリ)」。試作品の「縦長タイプの背負いカバン(肩ひもmの幅60ミリ)」を被験者にそれぞれ5キロの荷物を背負わせて、時速3キロで約20分ほど歩いてもらい、体幹の傾き、カバンの傾きを動画上で動作解析をしたものです。

14度の傾きがあった横長型背負いカバン

横長型背負いカバンを背負って歩いた被験者の場合は、肩とカバンとの間に傾きが生じました。直立時の画像で見てみると、横長型背負いカバンを背負った時には、カバンと体の間に「14度の傾き」が生じたことが、動画上の動作解析の結果からわかったのでした。

この傾きによってカバンの重みが、肩、腰の2点のみに負担がかかることになります。

横長の背負いカバン(写真「動作解析による通学カバンの背負いやすさの評価」より)

<br><br>


直立時に傾いている横長背負いカバン(14度傾斜)

画像 「動作解析による通学カバンの背負いやすさの評価」より

傾きがない縦長型背負いカバン

縦長型背負いカバンは、肩ひも4センチ。6センチの2つの縦長型背負カバンを被験者に背負ってもらって実験を行いました。その肩ひも4センチの縦長型背負いカバン。6センチの縦長型背負いカバンともに、直立時には、動作解析による画像からは体とカバンの間には傾斜が見られなかったのです。

肩紐の幅が広い方が快適に背負えのですが、カバンの傾きには肩紐の幅は関係していないとの結果は意外でした。

縦長の背負いカバン(肩ひも6センチ)

写真「動作解析による通学カバンの背負いやすさの評価」より

直立時。傾きがない縦長背負いカバン。

肩紐4センチ。肩紐6センチでもほぼ傾きが少なかった。

画像 「動作解析による通学カバンの背負いやすさの評価」より

常時カバンの傾きが大きかった「横長型背負いカバン」

直立時以外にも、開始前、終了時においてカバンの傾きを表しているのが、下のグラフになります。このグラフから読み取れることが、【試料1】だけが「カバンの傾きが166度」になっています。

この【試料1】は、「横長型背負いカバン」です。常時、横長型背負いカバンだけが、傾きが見られる結果になったのでした。

まとめ

横長型リュックサックは、カバンと体の間に傾きがあることが実験結果からわかりました。

そのため、横長型リュックサックは、背中で支える面積が小さくなります。なので、背負っているときに、肩と腰の2点のみで、リュックサックの重さをで支えることになるのでしょう。これが、肩こりや腰痛の原因にもなりかねません。

一方、縦長型リュックサックの場合は、カバンと体の間に傾きがないため、背中で支える面積が大きくなります。よって、肩、背中、腰の3点でリュックサックの重さを支えることができます。よって、縦長型リュックサックの方が、カバンの傾きがないので、歩行時にもカバン本体が動かず、肩と腰への負担も少なくなるのでしょう。

したがって、理想のリュックサックは、縦長型であります。また、ほとんどのリュックサックは、縦長型になっていますし、Duck4も縦長型リュックサックを長年愛用しています。

Duck4
Duck4

理想的なのは、肩、背中、腰の3点で支えられる縦長型リュックサックです。

(参考論文📚)

動作解析による通学カバンの背負いやすさの評価

コメント

タイトルとURLをコピーしました