🎒【90年代】「バックパック」という言葉が聞かれるようになってから「リュックサック」を背負うヒトが増えたのか?

スポンサーリンク
🎒Backpack
Duck4
Duck4

今日のDuck4ブログではリュックサックの類義語。アメリカ英語のバックパックが広がっていったことから、ただ単にモノを運ぶための道具から旅や活動を愉しむものになりリュックサック(バックパック)が、1990年代以降タウンユースから子どもから大人まで広がっていったお話をします。

はじめに

いつ頃から、リュックサック、もしくリュックのことをバックパックと言う言葉が聞かれるようになったのだろうか?

結論を先に言うと、 1990年代からだと、Duck4は考えております。バックパッカー(Backpacker)という言葉が聞かれるようになり、アメリカ英語の「バックパック」(Backpack)が、イギリス英語の「リュックサック」と類義語として使われるようになり広がったからだと思っております。

ところで、あるアンケート結果によると、約30%のヒトがリュックを使用している「リュック派」と答えが出ています。そのアンケートでは、40代回答数が多いことから、今から30年前。1990年に10代~20代の若者だった世代が、社会人になってもリュックいやバックパックを使用していることになります。また、バックパックひとつで格安航空券を購入して世界一周の旅するバックパッカー(Backpacker)が流行した時代も1990年代頃からでもありました。

今日のDuck4ブログでは、イギリス英語のリュックサック(Rucksack)。類義語のアメリカ英語のバックパック(Backpack)。または、派生語のヒトを表すバックパッカー(Backpaker)という英語の意味するところの言葉のニュアンスを抑えつつ、1990年以降も流行しているリュックサック(バックパック)について考えてみたいと思います。

Duck4
Duck4

Rucksack(リュックサック)イギリス英語。

Backpack(バックパック)アメリカ英語。

リュックサックとバックパック

リュックサックはイギリス英語

リュックサック(Rucksack)を英英辞典で調べてみると、「特に、 長い距離を歩く人々によって、 背中で物を運ぶために使うためのひとつのカバン。イギリス英語」(especially British English a bag used for carrying things on your back, especially by people on long walks 「ロングマン現代英英辞典」引用 )とあります。つまり、運ぶために特化した背中で背負うカバンを意味しています。

リュックサックは、背中で物を運ぶためのカバンという意味があります。

バックパックはアメリア英語

アメリカ英語のバックパック(Backpack)は、イギリス英語のリュックサックの類義語。また、このバックパック(Backpack)は、派生語もあり、名詞だけではなく、「バックパックを背負う」という動詞の意味でも使われます。汎用性が、イギリス英語のリュックサック(Rucksack)よりも広く使われているのが特徴的でもあります。

バックパックは、イギリス英語のリュックの類義語なんですよ!

バックパックの派生語は「バックパッキング」と「バックパッカー」

また、バックパック(Backpack)には、語尾に~ingをつけてバックパッキング(Backpacking)という名詞または動名詞で使われます。

語尾に~erをつけてバックパックカー(Backpacker)という使われることがあります。これらは、バックパック(Backpack)の派生語になります。

ところで、このバックパッカー(Backpacker)を英英辞書で調べてみると、「普通、お金をあまり持たないで愉しんで旅をする人々。バックパックを背負って公共交通機関を使って歩く人々」( someone who is traveling for pleasure, usually with not very much money, and who walks or uses public transport and carries a backpack 「ロングマン現代英英辞典」引用 )というように説明しています。

またバックパッキング(Bcakpaking)には、「バックパックを背負って普通、大金を持たずに、旅や活動を愉しむ」( the activity of traveling for pleasure, usually without very much money, and carrying a backpack 「ロングマン現代英英辞典」引用 )という意味があります。

Duck4
Duck4

Backpack(名詞)バックパック

Backpack(動詞)バックパックを背負う

Backpacking (現在分詞)

Backpacking(名詞)バックパッキング

Backpacker (名詞)バックパッカー

(weblioより引用)

愉しみ求めるバックパッカー

よくよく英英辞典でリュックサックとバックパックを比較すると、リュックサックの方が、ただ単に「背負って物を運ぶ」という手段だけに使われるようです。

一方、バックパック自体には、リュックサックと同じように「荷物を背負って運ぶ」という意味がありますが、しかし、アメリカ英語の方が、汎用性も広く名詞だけではなく動詞の意味。また、バックパッカーのような人を意味したりと「旅や活動を愉しむ」という意味もあるので使われ方が広範囲です。

バックパッカーにはお金をあまり持たずに旅や活動を愉しむという意味があるようです。

ただ運ぶだけの背負いカバン

学校指定の背負いカバン

Duck4のところでは、中学のときはカバンが指定されていました。それは、ランドセルを2倍以上大きくしたナイロン製の背負いカバンでした。この地域の他の中学校でも、形や色。ほぼ青色でしたがこの背負いカバンが採用されていました。肩紐部分には反射板。雨蓋にも反射板がつけられていて、日没後、車のライトでも反射するようになっていました。なので、安全面から背負いカバンを採用したと聞いたことがありました。この背負いカバンですが1975年が始まりで、今でもこの地域では使われていて、全国的にも広がっているようです。

背負いカバンはリュックサック

ところで、「中学の時、どんなカバンだった!?」と聞かれたときに、Duck4ならば「リュック」「リュック型背負いカバン」と言うでしょう。まあ、当時、まだバックパックという言葉がなかったこと。学校は果たして、バックパッカーのように「愉しむ」ところではないからです。イギリス英語のリュックサックのように、背中に教科書を詰めてバックで運ぶところだから、そう言うのでしょう。

耳にするようになった1990年代

バックパッカーにあこがれるものの

そんなDuck4が、リュックサックという言葉よりもバックパックと言うようになったのは、90年代ごろだったと思います。そして、 あの頃は、アウトドアショップに行くとかなり多くのディパックが並ぶようになりました。

今でも覚えているのが、ジャックウルフスキンのデイパックを購入したことです。 背中に汗がくっつかないようにバックパックパネルとバックパックには空気が流れるように隙間がありました。その後は、もっぱらバックパックしか買わなくなり、今に至っています。それから青色のミレーの30リットル。緑色のバックパックと40リットルのミレーのバックパックを選び2002年まで使っていました。

特に、 40リットルのミレーのバックパック 背負って、短い休日を利用してロンドンにお出かけ、バックパッカーもどきの旅をしたことは良い思い出になっています。

30年後の今も流行しているリュック&バックパック

2021年の今。街を歩いているヒトのカバンを見ていると、両肩でリュックを背負っているヒトが増えてきているようにも感じます。

例えば、幼稚園に通う園児でもリュック。小学生はリュックではありませんが背負っているのはランドセル。中学生は、Duck4のところでは学校指定の箱型の青い背負いカバン。高校生は、リュックを背負って通学しています。また高校球児は、スポーツメーカーさんの大きなリュックを背負っています。またテニスラケット、楽器ケースを背負えるタイプのものもあります。学生はリュックが多いようです。

社会人でもスーツに合わせて黒のリュックの方もいます。それと、フードデリバリー用の箱型リュックを背負っているヒトも見かけるようになりました。

今日では子どもから大人までリュックサック(バックパック)を背負っているヒトたちが増えていますね!

まとめ

リュックが流行り出したのは1990年代からだと思います。それは、バックパッカーという言葉が聞かれるようになり、アメリカ英語のバックパックという名詞も、イギリス英語のリュックサックと類義語で用いられるようになり始めたころからだと思います。

特に、リュックサックは、ただ重い荷物を背中で運ぶカバンという目的だったものが、バックパッカーという言葉が広がるにつれ、それは旅や活動を愉しむための道具へと発展していきました。その30年の時の流れで、よりバックパックが、 タウンユースにも支持されるようになり、今日では子どもから大人までの背中を支配して拡大し続けています。

Duck4
Duck4

30年も流行しているのには、バックパックを背負って愉しむという活動をするヒトも増えているからかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました